wimax 圏外になる

サイトマップ

WiMAX端末が圏外表示される場合は?

WiMAX端末の電源を入れても圏外表示されてしまう。
そう言う時は、まず、WiMAXの電波が自分のエリアに来ているかどうかを確認しましょう。





窓際


もし、サービスエリア内だった場合は、まず、WiMAX端末の設置場所を疑う必要があります。
一般的に、WiMAX端末は窓際に設置すると良いと言われています。
ですから、WiMAX端末の設置場所を窓際に移動してみましょう。



これで解決するケースがほとんどですが、それでもダメだった場合は、リフレクターを自作して、WiMAXの電波をかき集めると言う方法もあります。



電話問い合わせ


また、WiMAXが圏外表示される原因が、実は、WiMAXの基地局の工事だったと言う場合もあります。
ですから、何をしても状態が改善されない場合は、UQ WiMAXに問い合わせをしてみるのも良いかもしれません。



ただ、他のプロバイダーと契約している方の場合は、契約しているプロバイダーに問い合わせるしかありません。
その場合、回答までに時間がかかる事もあります。



ですから、サポート面を考えるなら、UQ WiMAXと契約をしている方が無難です。



UQ WiMAXに関する詳細情報はこちら
UQ WiMAX

WiMAXの電波は室内使用に弱い!?

WiMAXの電波は高周波数の帯域を使用しています。
ですから、通信速度が速い反面、障害物に反射してしまうと言う性質を持っています。



ワイマックスは障害物に弱い!



ですから、室内でWiMAXを使用時は、WiMAXの電波が受信しづらいと言う面もあります。
その場合、WiMAX端末を窓際に設置する事で、WiMAXの電波をキャッチしやすくなります。



また、WiMAXの電波は高層階や地下室には届きにくい性質を持っています。
この場合は、WiMAXの使用場所そのものを考える必要があるかもしれません。

リフレクターでWiMAXの電波をキャッチ!

WiMAXユーザーの中には、自作でリフレクターを作成して、WiMAXの受信状態を向上させている方もいます。



リフレクターとは言っても、大掛かりなものではありません。
台所にある金属製ボウルを使用する事で、WiMAXの電波をかき集める事が出来ます。



リフレクターでワイマックスの電波を集める



とは言っても、リフレクターの情報は公式的なものではなく、あくまでも裏ワザ程度のものです。
ですから、めまぐるしく通信速度が上がる訳ではなく、若干、通信状態が向上する程度です。

それでも圏外表示される場合は?

上記方法でもWiMAXが圏外表示されたままの場合は、本体の故障を疑う必要があるかもしれません。
まず、外にWiMAX端末を持ちだして、WiMAXの電波を受信出来るかどうかを確認してみましょう。



WiMAX圏外



それでもダメなら、WiMAX端末の故障の可能性が出て来ます。
個人レベルでどうこう出来る問題ではなくなりますので、契約しているプロバイダーに問い合わせて、対処法を相談しましょう。

au 4G LTEを使用する

今のWiMAX端末は、au 4G LTEに対応しています。
これは何かと言うと、auの基地局を使ってインターネットが出来る機能の事です。
月額1,005円の有料回線になりますが、通信可能エリアがグッと広がります。(より詳しく→



au 4G LTEは有料回線



WiMAXの電波が受信出来無い場所で、どうしてもインターネット接続をしなければならない時、au 4G LTEを使用するのも良いでしょう。



au 4G LTEに関しては、UQ WiMAXの公式サイトをご覧下さい。



WiMAXの公式サイトはこちら
公式HPはこちら

「UQ WiMAXのキャッシュバックと、その他プロバイダーとの比較」について

UQ WiMAXのキャッシュバックについてご紹介します。また、その他プロバイダーのキャッシュバックとの比較や、キャッシュバックの裏に隠された罠についてもご紹介します。